【これぞイタリアサッカー】アンチェロッティのリバプール対策とは【第2節ナポリ対リバプール】

第1節アウェイでレッドスター相手に引き分けたナポリ。死の組なんて言われ方もするこのグループで、確実に勝ち点を稼がなければならない試合で引き分けたのはかなり痛い。セリエAではパルマ戦で4-4-2システムへの移行して快勝、しかしユベントスには敗戦。チャンピオンズリーグ第2節の相手はプレミアリーグで負けなしの快進撃を続けるリバプール。ホームゲームとはいえども、かなりの苦戦が予想された。

リバプールはクロップ体制全盛期を迎えており、圧倒的な強さでプレミアリーグ6連勝(その後チェルシーと引き分け)と素晴らしいスタート。チャンピオンズリーグでもパリSG相手に勝ち点3を得て、今年こそ悲願のチャンピオンズリーグ制覇に燃えている。

この試合、リバプールに対するアンチェロッティの策がハマった試合となった。

(※記事内の画像のメンバー表記でリバプールのGKがシュチェスニーになっていますが、正しくはアリソンです。ユベントス戦から変更し忘れました。ごめんなさい・・・。)



・ナポリのシステム、ポジショニング

ナポリはサッリ監督時代のおなじみである4-3-3でシーズンをスタートさせたが、第6節のパルマ戦から4-4-2への移行をはじめている。この試合も、予想システムの表記上は4-4-2であったが、実際ピッチ上でのポジショニング(ボール保持時)は左サイド偏重の3-4-3(あるいは3-3-4)であった。

・3バック化のメリット

ではなぜリバプール相手に実質3バックで試合に入ったのか。それはまず、リバプールのプレッシング対策だ。リバプールはもはやおなじみだが、前線からの連動したコースを切るプレスによって、相手チームのビルドアップを壊してボールを奪い、カウンターを発動させるところが強みの一つだ。なので自陣でのビルドアップ中にボールを奪われる可能性を低くする、つまりビルドアップに人数をかけることを選択した。4バックは数字上は3トップに対して数的優位かのようにみえるが、実際はそうではない。彼らは前線からパスコースをきりながら、サイドへとボールを誘導して、サイド密集化ですべてをコンパクトにする戦い方なので、実質中盤で数的不利になることが多い。マリオ・ルイが一列上がることで、逆サイドでフリーになるカジェホンも含めて中盤で数的優位を作り、パスコースを確保することができる。ナポリはこれに加えてインシーニェも中盤に下りてくるので、ビルドアップがかなり安定していた。

さらにナポリは前線のミリクとインシーニェがCBへとプレスをかけ、中央へのコースを切りつつ、サイドに展開させる。そこから中盤を経由しようとすると、ナポリのほうが中盤で数的優位を作っているので不利な状況になり、3トップめがけて長いボールを使うと、空中戦に強いナポリのCB陣が跳ね返して、セカンドボールを中盤の枚数が多いナポリが拾う。とりわけ、4バックで対処した場合サラーとマッチアップするのは守備面で不安のあるマリオ・ルイになるが、ここに対人戦最強のクリバリを持ってくることができたのが大きかった。セットされた守備のときはマリオ・ルイとクリバリのふたりで対応していた。

前半は両チームとも決定的なチャンスがないまま0-0で終わった。

・攻撃的な選択をしたナポリ

後半に入ってもリバプールの攻撃は変わらず、ナポリのディフェンス陣は抑えることができていた。後半15分あたりからは、ナポリが押し込む展開が続き、アンチェロッティは23分にファビアンに代えてヴェルディ、ミリクに代えてメルテンスを投入した。これによってインシーニェ、メルテンスの二人がうまくスペースを作ったり、またはスペースへ飛び出したりして、そこにヴェルディとカジェホンが絡む形になり、攻撃に流動性が加わった。一方リバプールはミルナーに代えてファビーニョを投入して、中盤の攻守のバランスと運動量を取りに行った。しかし後半45分に試合が動いた。

右サイドからマクシモビッチ→カジェホンへとパスが渡るとメルテンスがサイドバック裏のスペースへと飛び込む。ファン・ダイクはメルテンスに引っ張られる。カジェホンはメルテンスへとパスを出した後、メルテンスからもう一度パスをもらう動きをする。

メルテンスからリターンを受けたカジェホンがドリブルで侵入。ゴメスはボールウォッチャーになり、アーノルドはヴェルディの動きが気になった。

そうすると、カジェホン→インシーニェでナポリが決勝点。最後の最後にナポリが勝利を手にした。

・おわりに

ナポリは世界トップレベルのチーム相手に素晴らしい試合をした。アンチェロッティによる試合によって可変する4-4-2への移行は、ユベントスには負けこそしたが、今後のナポリにとっては大きな武器になると思う。そしてアンチェロッティの手腕も見事だった。イタリアらしい相手の長所をうまく消す戦術によって、リバプール攻撃陣に枠内シュートさえ許さなかった。ナポリは次節セリエAで好調サッスオーロと対戦する。このブログで取り上げる回数の多い両チームの対戦は非常に楽しみだ。リバプールは6連勝こそしたが、カップ戦も含めるとこれで3試合連続未勝利となる。次節はシティとの大一番で、この敗戦を払拭したいところ。シティ対リバプールもサッカーファンとして、純粋に楽しみだ。