【偽サイドバック】フィオレンティーナで学ぶ現代的SBの役割【第5節フィオレンティーナ対SPAL】

現代フットボールの世界でその重要性がどんどん増していくサイドバックというポジション。かつては、タッチラインを上下に走りまくりサイドからクロスをあげるポジション、というイメージだったが、近年はサイドバックに与えられる役割というのも多様化してきている。その代表例がグアルディオラによる”偽サイドバック”と呼ばれる役割だろう。この偽サイドバックという動きは、名前こそ広く知られるようになったものの、採用するチーム自体はそこまで多くない印象だった。しかし、今季のセリエAではその動きを取り入れようとするチームが出てきた。それが前回記事にしたサッスオーロや、今回題材とするフィオレンティーナだ。フィオレンティーナ対SPALの一戦は、サイドバックのタスクの多様性が感じられる試合となった。

おそらく、偽サイドバックなどのサイドバックのタスクの多様性について解説しようとするのであれば、グアルディオラのチーム以上の教材はないと思う。しかし、イタリアサッカーファンとしては、ここは敢えてセリエのチームでチャレンジしてみたい。



・偽サイドバック(サイドバックの中盤化)とは?

偽サイドバック(サイドバックの中盤化)とは、通常サイドのレーンにポジショニングするサイドバックが、味方ポゼッション時に中央寄りのレーンへと絞り、中盤の選手かのように振る舞うことだ。この動きによって得られるであろう利点はいくつかある。

  1. 中盤で数的優位を作る
  2. 相手のマークを引っ張ることで、パスコースを確保したり味方をフリーにできる
  3. ネガティブトランジション時の中央レーンブロック&セカンドボール回収

実際に試合中に見られた動きから解説していこうと思う。

・偽サイドバックによってフリーになるジェルソン

フィオレンティーナの基本システムは4-3-3だが、試合中ビラーギが中盤化、ミレンコビッチが最終ラインに取り込まれる形で3-2-2-3というような形になることが多かった。SPALのシステムは5-3-2で、試合序盤はWBの攻撃参加は消極的、中央3レーンによるカウンターを狙うスタイルだ。

ビラーギが中盤化することによって、クルティッチのマークを引っ張る。そうするとジェルソンがフリーとなれる。ジェルソンは間で受けたり、ピアツァとの連携で裏へ飛び出したりとフィオレンティーナの攻撃を作り上げていた。偽サイドバックの動きを使って設計された攻撃パターンだ。

・ビラーギの”攻撃的”偽サイドバック

さらにビラーギは他の偽サイドバックとは異なる点がある。彼のプレースタイルは”攻撃的”偽サイドバックと呼べるだろう。偽サイドバックは中盤で数的優位をつくる利点があるが、試合中ビラーギはもう一列上がっているシーンが何度か見られた。サイドバックであるはずのビラーギはSPALのディフェンスラインまで上がる。左右のサイドバックでポジショニングがまるで違うのが面白い。

そこから下がって中盤でボールを受けると、今度はSPALのCBを引っ張り出せる。すると、CB-WB間に広大なスペースが生まれるので、シメオネがそのスペースへと飛び込む形が作れる。本当はWBを引っ張り出したかったのかもしれないが、そこまではうまくいかなかった。

・両SB中盤化によるアイソレーション

フィオレンティーナは流れによって両サイドバックともに中盤化することがあった。こうなると、SPALの中盤3枚は偽サイドバックによって完全に中央で固められる。そうすると、アイソレーションによってサイドでキエーザの質的優位を活かすことができる。さらにチーム全体として押し込み、両サイドバックが中央レーンにポジショニングしていることによって、SPALはカウンターを成立させるのが非常に難しくなる。

・不安視されたビラーギの守備能力

フィオレンティーナの先制点はビラーギのクロスから生まれており、その攻撃性能は申し分ない。しかし、先制点を許したSPALはWBが積極的に前に出てくるようになる。そうなると、不安視されるのはビラーギの守備能力だ。ビラーギの偽サイドバックは、中央3レーンによる被カウンター対策でもあったが、サイドに展開されてもチャンスを作られるようになる。

案の定前半のうちにイエローカードを受けてしまったビラーギは、フィオレンティーナが二点リードする展開だったこともあり、後半開始とともにハンツコと交代してしまった。ハンツコに代わってからは、偽サイドバックの動きは少なくなった。

・おわりに

インテル戦では偽サイドバックの動きは見られなかったので、あくまで5-3-2システムへの対策として取り入れたのだろう。サイドバックのタスクが多様化し、偽サイドバックが生まれ、セリエAでもこの最先端ともいえる動きを数チームが取り入れるようになった。サッスオーロもそうだが、フィオレンティーナも今のところある程度の結果が出ているので素晴らしい。個人的にはとても面白いなあと思っているので、もっと流行ってくれたらうれしい。