【延期試合】3-4-3を試したミラン、結局4-4-2へと戻る【第1節ミラン対ジェノア】

ミランは前節4-4-2を導入して勝利したが、今日は3-5-2を採用する予想だった。なぜシステムを変更したのかというところだが、右サイドバックの故障者(ほぼアバーテのみ)を考慮してユベントス戦までに疲労を溜めたくなかったのか、ミラーゲームへの持ち込みを考えたのか、スソの完全自由確保などの可能性を探ったのだろうと思われる。直前でビリアが負傷したため、バカヨコがスタメンに。しかし3-5-2だと思われたシステムは試合に入ってみると、3-4-3に近い並びになっていた。

ケシエがWBに入り、中盤はバカヨコとチャルハノール、スソが守備からも解き放たれて完全に自由に動き回る形だった。調子の良いスソに自由を与えて、とりあえずスソ頑張ってくれシステムだ。

しかしこのシステムはあまり機能しなかった。



・ミランのビルドアップ

この日のミランはビルドアップに苦労することはほとんどなかった。まずジェノアが前からハメにこなかったのが大きく、前プレがなければミランはあの危険でグダグダなビルドアップは少なくなる。そしてジェノアのWBをスソとラクサールでピン止め。チャルハノールが中盤を牽制しながら、ロドリゲスのためにスペースメイク。そうすることでロドリゲスがビルドアップの中心となる。

ロドリゲスはフリーで受けると、降りてくるイグアインへとあてることでボールを前進させる。イグアインはボールを受けるとチャルハノールに落とすか、サイドチェンジすることでビルドアップはほぼ完了する。

スソは自由に動くが、内に入ったときにケシエはオーバーラップ、ワイドに開いたままならインナーラップと、スソとケシエの連携はここで確保しようとしたのが見えた。

・スソの完全自由&5-2のディフェンス

試合を通して守備が緩かったジェノアに対して、前半開始早々にスソの個人技によって先制点を奪ったミランだったが、それ以降は基本的に攻撃は停滞。2トップにボールをあてるまではいいが、それ以降の崩しが皆無に近かった。ジェノアはスソのクロスを警戒して、人数をかけて対応。スソは中盤に入ったり自由に動くが、さほど効果的でもなく。モンテッラも3-5-2の2トップとしてスソを自由にさせようとしたが、ほとんど活躍を見せず。スソは右サイドに固定して、どう活かすかを考えたほうが良さそうではある。

ミランは5-2-3で守るが、スソはほとんど守備に参加しないので、5-2で守ることになる。これはバランスが悪すぎて、ジェノア相手だからまだよかったが、より強いチームには通用しないだろう。もっとも、強いチーム相手にはこのシステムは採用しないだろうが・・・。

・4-4-2へと戻ったミラン

後半に入り、バカヨコのミスなどで同点にされたミラン。ジェノアは後半からWB裏を執拗に狙い続けており、前半より攻撃に参加するケシエと守備をある程度免除されているスソのサイドを狙ってきたため、ラクサールに代えてアバーテを投入。システムも4-4-2へと戻した。

4-4-2へと戻すと、攻撃面では活性化され、格下のジェノア相手に圧倒。それでもなかなか得点が入らなかったが、後半アディショナルタイムにロマニョーリのゴールで勝ち越し。

ちなみにwhoscoredによると、3-4-3使用時の63分間でシュート数12、4-4-2にシステム変更してからの27分間でシュート数17となっている。時間帯や試合展開も考慮すべきだが、攻撃面でははるかに改善されたとみていいだろう。

・おわりに

毎年この時期になるとシステムの迷走が始める気がして、今回の3-4-3も少し怖かった。

AEKアテネ戦では予想通り多くの攻撃的な選手をスタメンで起用しましたが、試合内容は最悪なものになりました。いまだチームにフィットするシステムを見つけ出せないモンテッラの"これまで"と"これから"を考えてみます。もちろん、これはモンテッラを批判する内容ではなく、冷静にモンテッラの試行錯誤を分析する内容のつもりです。 ・試...

(実は昨季も同じような時期にこんな記事を書いていた)

おそらく今回の3-4-3はもう見なくて済むと勝手に思っているが、どうなることやら・・・。しかし、ジェノアに勝利したことでミランは4位に浮上。内容こそ伴っていないが、誤魔化しながらもなんとかチャンピオンズリーグ圏内に入っている。この点はしっかりと評価したい。続くウディネーゼ戦もおそらく誤魔化しながら勝ち点3をもぎ取れそうだが、ユベントス相手にはおそらくそうもいかず。やはりチームの戦術面での向上は必須だろう。